« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »

僕への手紙

数年前、僕宛の手紙が届いた

予期しなかった 最高の贈り物

そこに並べられた言ノ葉は

僕の心の栓を引き抜き

何よりも美しい涙が

僕の頬を伝った

数年後、

恐怖で震え上がった僕

神様に導かれ

偶然その手紙を手にとった

湯に浸かったかのように

心が温かくなり安らかに眠った

穢れた僕の世界

自然と闇へと導かれ

翼も見るに耐えないほどズタズタになり

黒い沼に落ちていく

そんな僕をいつも救ってくれるのは

何よりも貴方の温もり

”いつか貴方と一緒に翼を広げて飛べるようになりたい”

眩しすぎる夢も希望も持たない

僕の唯一の願い

貴方さえいれば僕は生きていける

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »