« スーパーマン リターンズ | トップページ | イルマーレ »

ウォーク・ザ・ライン

今日は家で「ウォーク・ザ・ライン」を観ました。

リース・ウィザースプーン主演のヒューマンドラマ×ラブストーリーですね。

実は、私はラブストーリーだと思って借りたんだけど、それほどラブストーリー要素はいっぱいではありません。

全くお金のない奥さんのいる主人公(男)が超有名シンガーになって、ジューン(リース)に出会い一目ぼれし、溺愛するんだけど、この男実はヤク中で逮捕されて、そこからは生活がもうぐちゃぐちゃ。奥さんには逃げられるわ、ジューンには見捨てられるわ。。。でも彼の歌は実はファンの心にはちゃんと届いていてもう一度シンガーとして舞台にたてるようになる。そして舞台の上での60回目のプロポーズでジューンが「はい」と答えてくれ、幸せな生活を送るというストーリーだ。(ネタバレ)

でもこの男の人すごい最悪だけど、女としてこんなに人から愛されたら幸せだと思う。なんか家族でとかカップルで観る映画じゃなくって一人で静かに観る映画だと思った。単なるハッピーエンドではなくって、少し考えさせられた映画だったと思う。リースがアカデミー主演女優賞をとれたのもなんとなくわかる。でもこの作品、あまり動きのない映画やヒューマンドラマ系が苦手な人、もしくは何も考えずに映画をみたい人にはお勧めできません。少し長い映画ですがいい映画だと思いました。観たい人はゆっくり時間のあるときにみることをお勧めします。

★3つ半。

●コメントレス

>ゆづちゃん

正直、私もセーラームーンプルートなんてどんな人か覚えてないし・・・。いたような気がすると思って~。

「チャーリーとチョコレート工場」は頭からっぽにして観たほうがベターだと思う。

|

« スーパーマン リターンズ | トップページ | イルマーレ »

「あ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スーパーマン リターンズ | トップページ | イルマーレ »